子供大好き主婦の独り言 |

初心者にもお勧めしたいキャンプ!それは夏の砂浜キャンプです!

今までアウトドアに興味はなかったけど、子供が産まれて初めて「キャンプ」をしてみたい。

でもした事がないから一歩を踏み出せないと言う方も多いのではないでしょうか。

そんな方でも楽しむ事が出来るアウトドア、それが「キャンプ」です。

キャンプは準備が重要

初めての方は何から準備したら良いか分からないと思いますが、今の時代ネットで準備品を調べる事が出来ますし、キャンプ場でレンタルする事も可能です。

準備8割、本番2割位の気持ちでいれば楽しくキャンプする事が出来ると思います。

準備さえちゃんとしていれば後は楽しむだけです。

高価なブランド品を揃えなくてもキャンプは出来る

いきなり一式を揃えるとなるとかなりの費用がかかりますし、実際に一度してみないと人によって必要な物とそうでない物が違ってきます。

キャンプ用品は価格差が大きく、ブランド物を購入すると大変な金額になります。

初めてキャンプをしてみて「もうこりごり…」となってしまってはとても勿体ないですよね。

安価なグッズで一度やってみて、キャンプが楽しいと思ったら少しずつちゃんとしたグッズに変えて行くのも良いでしょう。

ホームセンターのテントや100均グッズも役に立ちますよ。

夏の海でフリーサイトキャンプもお勧め

子供がいる場合、夏は海水浴を兼ねて砂浜でキャンプするのがお勧めです。

電源付の区画整備されたブースでキャンプされる方が多いですが、四方八方に知らない家族等がキャンプをしていて気を遣う事も多いです。

勿論電源があり整地されているので便利ですが、周りに気を遣わずにゆっくり楽しみたい場合は、照明を持参してのフリーサイトが好きな所にテントを張れてお勧めです。

あると便利なグッズ

夏のキャンプは暑いので、テントは内張りがメッシュタイプの物、そしてミニ扇風機があると便利です。

テントの下にはクッション性のある敷物(段ボールを敷いて処分して帰るのも楽です)、テントの中にはラグを敷くと過ごしやすいです。

そして入口にマットがあると砂を持って入りにくくなります。

夏は蚊がいますのでテント内には「ワンプッシュ」、テント入口付近には「蚊取り線香」もお忘れなく。

ハンガーもあると水着等を干せるので便利ですよ。

最後に…

キャンプは年齢関係なく楽しめるアウトドアです。

また、一度グッズを揃えると毎年テントを張る費用と食費、交通費だけで済みますので、意外と安価で楽しむ事が出来ます。

ホテルや旅館などに宿泊してゆっくりするのも良いですが、子供さんがいる家庭ですと子供の思い出に残る印象深い家族との思いでにもなります。

キャンプをした事がない方は二の足を踏みがちかもしれませんが、やってみるとそう難しい物ではなく気軽に楽しめるアウトドアです。

ぜひ、一度チャレンジしてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする