アウトドアとしてのキャンプのメリットとデメリットについて | 子供大好き主婦の独り言

アウトドアとしてのキャンプのメリットとデメリットについて

アウトドアとして種類は多くありますが、中でもキャンプは人気があり夏には多くの人が行います。

キャンプのメリット

キャンプを行う上でのメリットとしては、自然を感じる事が出来るという事です。

キャンプ場は基本的に山の中や海辺など自然に近い場所にあり、その中で食事や川遊びなどを行います。

山であれば、川遊びや昆虫採集、キャンプファイヤーなどが出来ます。

海の近くであれば、海水浴や釣り、砂遊びなどが出来ます。都会で生活している人には、キャンプでは普段味わえない体験が出来ます。

夜になれば都会では味わう事が出来ない満天の星なども見る事が出来ます。

場所や天気によって見る事が出来る範囲や量も異なるのであらかじめ確認する事が良いです。

キャンプのデメリット

キャンプのデメリットとしては、自然がある場所に行くので虫が多いという事です。

特に夜であれば明かりの近くに虫は寄ってくる習性があるので、キャンプ場で夜にライトをつけていると寄ってきます。

特に害などはないですが、女性や虫が苦手な人は大変です。特に田舎のキャンプ場であれば虫の量やサイズも大きくビックリしてしまう事もあります。

最後にアウトドアとしてキャンプは良い経験が出来ますが、メリットとデメリットを考えてプランの計画をする事が肝要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする